COPYRIGHT©LOLITA No.18 ALL RIGHT RESERVED
THE RYDERS & LOLITA NO.18 PRESENTS  “2TOUGH 2DIE!!!”
topics
上 下
ホームページリニューアルしました(2014.10.27)
mail magazine

[メールマガジン登録]
ロリータメールマガジン登録はこちらのフォームに
メールアドレスを入力!

お名前
メールアドレス*
music video
contact us
benten label
profile

1989年結成。1995年1stアルバム『空手の先生』でデビュー。
ジョーイ・ラモーン(ラモーンズ)やオルガ(トイ・ドールズ)のプロデュースによる作品を経て、日本のガールズパンクを牽引する存在として、アルバムリリースと国内と海外のツアーをコンスタントに続けている。

history
1989 石坂マサヨがKENZI&THE TRIPSのコピーを殺りたいが為にロリータ18号を結成。
同時にニューロティカ・スターリン・ラフィンノーズ・ スワンキーズなどのコピーも楽しみつつ、もっぱらライブ後の打ち上げに精を出していた所・・・
1993 少年ナイフ@法政大学祭のオープニングアクトに大抜擢される。偶然そのライブをビデオで観てしまった見ず知らずの人、BENTENレーベルオーナー、オードリー木村氏の突然の電話により・・・
1994 オムニバスアルバム『弁天弁当』に参加した所、予想以上の反響により・・・
1995 1st『空手の先生』をBENTENよりリリース。その後、相変わらず打ち上げに精を出しつつも、アメリカ最大の音楽イベント『SXSW』出演や、テキサスレコーディングを経て・・・
1997 3rd『髭忍者』でまさかのメジャーデビュー。
このアルバムには、マサヨが予てから大好きだった、忌野清志郎氏との共同制作曲も収録。全米ツアー50日間43本をバンでバーン!!とまわり車の故障や盗難など、かなり痛い目に会いつつもまたひとつ大人の階段をのぼる。
その後もジョーイラモ―ン(RAMONES)をプロデューサーに迎えNYレコーデイングを行ったり、オルガ(TOY DOLLS)をプロデューサーに迎え、イギリスで2枚アルバムを制作。そのままヨーロッパでメジャーデビューを果たし、オルガ同行のもとヨーロッパツアーを決行したりと打ち上げ同様、海外の活動にも精を出す。そして・・・
2002 メンバーチェンジにより、ベース たこちが、くちびるに乗って加入。北京や韓国など、アジアでもライブを行いながら自らのレーベル
『DESTROIN』を設立。「餓鬼の戦車で突撃だ!!」を合言葉にロリータ18号はもちろんの事、アリンコ∞ギャングをリリースするなど
今までにない展開をみせる。そしてそして・・・
2005 更なるメンバーチェンジを経て
うた 石坂マサヨ、ギター タッチャメン(ex.カメ忍者)、ベース たこち、ドラム TO-BU(ex.THE★SCANTY)の最強メンバーにより、パワーアップ!!ボカーン!!
相変わらず打ち上げに精を出しつつも、全世界の人々に笑いと元気の爆弾を落とす為、ロリータちゃんは新たな旅に出かけるのでR。
2006 色々な旅を続けているロリータちゃんは、この年に新旧様々なバンドとの交流をお酒という第2の言語で深めて行きつつ・・・
結成17周年という非常に中途半端なアニバーサリーにに向け、8/9 結成17周年記念ベストアルバム「BEST BEST BEST MUST!!!」発売。
その後8月後半よりレコ発ツアー「BEST BEST BEST MUST!!!ツアー2006」を決行。
9/17・18にはファイナル2DAYSイベント(18日はワンマン)を開催。
非常に中途半端なアニバーサリーにも関わらずとても素晴らしい盛り上がりをみせ、メンバー一同かなり感動する。
(そしてこの日の打ち上げは2日半続く・・・)
2007 石坂マサヨ、結成18周年にうっすら気が付き慌ててDVD『ロリータ18年』を古巣BENTEN LABELより発売。
調子に乗って渋谷クラブクアトロにて発売イベント開催
(ゲスト:ニューロティカ/THEピーズ/石坂母)。
満員御礼。
2008 石坂マサヨ、周年イベントに凝りはじめ2ヶ月に一度・毎18日に新宿LOFTにて18周年イベントを開催。
なかなかどうして豪華なゲスト陣にご出演頂き、予てより暖めていた「恩返ししたい人リスト」のページが更に増える事になる。
併せて丸腰のまま全国各地でツアーを行い続け色々なバンドと知り合う(TO-BUの弟子が各地に増殖する)。
2009 石坂マサヨ、まだまだ周年イベントに飽き足らず時空を超え、遂にロリータ18号20周年イベントに踏み切る。
しかも装いも新たに「たこちナイト」「ライトナイト」「TO-BUナイト」「石坂マサヨナイト」と各メンバーが5月より毎月18日に都内各所にてナイトを開催。
やはり各メンバーの人脈全力全開でイベントを行い、豪華なゲスト陣に恵まれる。
それを前後し、8/9パンクの日・渋谷O-EASTにて行われた『PUNK LIVES』にも出演、PUNKを再確認し・このイベントがロリータ18号の精神的なターニングポイントとなる。
そして11/18渋谷クラブクアトロにて結成20周年記念イベントを行う(ゲスト:戸川純/GO!GO!7188)。
ロリータ18号バンド名の由来の方である戸川純さんが「ロリータ108号」を歌い石坂マサヨ楽屋で号泣。
GO !GO!7188は「サルーン」をカバー。
バンドを20年続けてみるもんだと!深く思う。
2010 メンバー全員、周年イベントはもうそろそろ・・・という事で通常営業に戻り、ずっと続けていた秘密のレコーディングに終止符を打ち、遂にマスタリングに着手。
9/8 5年振り位のニューアルバム『アキラメルカ?』をまたまた古巣BENTEN LABELより発売、ツアー強行。
たこちTwitterを急に開始。
11/18新宿LOFTにてギター・ライト卒業。11/26札幌カウンターアクションにて新生ギター・Kick加入。
2011 Kick加入後、順調にライブを重ねていた所メンバー内でアメリカでライブがやりたいという声があがる。BENTENレーベル/オードリー木村氏を介し、毎年3月にテキサスで行われる「SXSW」の出演を含め、3/15~約2週間のアメリカツアーが決定。出発前 、準備 に追われていた所3/11に東日本大震災発生。その際、前日よりたまたま実家にスーツケースを取りに帰省していたKickが仙台で被災。当時の詳細はその後、発売されるDVD「亜米利加大興行」に記されているが紆余曲折を経て3/15メンバー4人何とか渡米。ロリータ18号10年振りのアメリカツアーをテキサス・ニューヨーク・シカゴ・シアトル・ラスベガス・ロス・サンフランシスコにて、計10本ライブを行い、大成功を納める。時を同じくして石坂マサヨ出演の映画「デストロイ・ヴィシャス」(監督:島田角栄)が3月より公開。バツイチ・子持ちのベーシスト役を演じる。帰国後も、4月には沖縄にてライブ、5月には吉祥寺井の頭自然文化園・開園69周年記念イベントで「69年だからロックバンドを呼びたい」という文化園サイドの思い切った決断と「石坂マサヨの髪型が園で人気の動物”ハリネズミ“に似ていた」とのまさかの理由で出演依頼が舞い込む。こんなに沢山のチビッコ達に囲まれたパンクバンドがかつて存在しただろうか。「ほのぼの家族連れvsロリータファンのパンクスvs動物」とかなりシュールな光景ながらも記念イベントは大盛況で幕を閉じる。その後も全国で数々のライブイベントや不思議なイベントに出演、物販隊長たこちがロリータ物販ブース「ファンシーショップ☆ダダ」に精を出し始める。10/5 前述のDVD「ロリータ18号の亜米利加大興行」発売。12月には東名阪にてガーリックボーイズ・JUN☆KOBA・チリヌルヲワカ・つしまみれなどをゲストに迎えDVD発売記念ツアーを行う。この年、アメリカツアーで販売した亜米利加大興業Tシャツの売り上げ全てを「みやぎ心のケアセンター」に寄付。(御協力頂いた皆様、ありがとうございました!)
2012 相変わらず全国をライブで回りつつ、メンバー4人で各地の回転寿司にも足を運ぶようになり、毎回お揃いのロリータTシャツやパーカーを着用していた為、行きつけのお店ではバンドではなく回転寿司サークルの集団だと思われはじめる。このままではいけないと思い、メンバー一同アルバム制作を決意、ツアーの合間をぬって新曲を創り続ける。8 月宮城県南三陸町で開催の「歌津復興祭り ホープフェスティバル2012」へJUNIORにお誘い頂き出演。その後、石坂マサヨ・TO-BUが参加する「烏合の衆バンド」に繋がる第一歩のライブであった。9月シェルターにて「石坂マサヨ生誕40周年記念ワンマンライブ祭!!!」が行われる。ゲストのサンプラザ中野くんさん・大槻ケンヂさん・YOSU-KOさん(COBRA)・イノウエアツシさん(ニューロティカ)に見守られ、石坂マサヨ無事四十路に突入。11/7『「YES,PUNK ROCK」call with me!!!』発売。併せてアルバム曲よりMV『「YES,PUNK ROCK」call with me!!!』と『スパーラー』を公開。『スパーラー』は「ロリータ18号のMVを作ろう大作戦!!!」と銘打ち各地のライブを携帯電話やスマホ等でお客さんに撮影してもらい、投稿された映像の全てを使用し1本のMVを作る。(ご協力下さった皆さん、改めてありがとうございました!)CD発売記念ツアーも小倉・熊本・諫早・渋谷・大阪・名古屋・岡山・福岡にて行う。勿論、各地の回転寿司は全て制覇する。
2013 『「YES,PUNK ROCK」call with me!!!TOURリターンズ』として1/27新宿ロフトにてワンマンライブを行う。相変わらず全国を回りつつ、回転寿司活動にも懲りずに精を出す。(現在イチオシの諫早・若竹丸を東京のバンドマンへ斡旋中)5月 今年も「南三陸町 つつじ福興市&ホープフェスティバル2013 with烏合の衆」にJUNIOR他と出演、東京からイベントのバスツアーも組まれ盛況、町の方々と再会、更に交流を深める。8/8 新代田フィーバーにて8年振りに行われた「殺害サミット〈HARD NIGHT〉」に出演。8/11 川崎クラブチッタにて行われた「PUNK LIVES FOREVER 2013」へ出演。どちらも日本のパンク・アンダーグランドシーンにはとても重要なイベントであり、そのどちらにも出演したバンドはロリータ18号だけであった。10月 11月 ロリータ18号周年ムーブメントの集大成、結成25周年ツアー「PUNK or DIE!!!」ツアー開催。渋谷クアトロなど全国計6本、神聖かまってちゃん・猛毒・KENZI・N’夙川BOYS・GARLIC BOYS・30% LESS FATなど多彩なゲストをお迎えして盛大にお祝いをしてもらう。当然、各地の回転寿司は全て制覇する。(つづく)
live
discography
album
single
DVD