blog
2019年05月07日

石坂マサヨ★遠藤ミチロウさん・・・

遠藤ミチロウさん。

今まで沢山たくさんお世話になりました。

初めて直接お会いしたのは1993年04月13日 法政大学市ヶ谷校舎。
当時ロリータ18号は法政大学の音楽サークル「作詞作曲同好会」に入っており、弾き語りを始めたばかりのミチロウさんが学館大ホールでワンマンライブを行うと。
16歳からスターリンを聴いていたアタシは「ミチロウに会いたい!」との想いだけで当時のギタリスト エナポゥと共に、その日ミチロウさんが楽屋代わりにしていた教室へ行った。
勝手に。
ドアをノックすると「はーい」というミチロウさんの声が聞こえて、アタシとエナポゥは「すみません、ロリータ18号というバンドをやっているのですがデモテープを渡してもいいですか?」とドア越しに震えながら声を掛けた。
すると教室のドアが開き、そこには本物の遠藤ミチロウがいた。
デモテープを渡すとミチロウさんはちゃんと受け取って下さりテープを見ながら「オレ、スターリン28号って名前で何かやろうと思ってたんだよね・・・ロリータ18号か・・・デモテープ聴くね」と。

そのしばらく後に、旧・新宿ロフトにて「スターリン28号 vs ロリータ18号」というライブが現実となる・・・事も当時は知る由もなく。
その新宿ロフトの打ち上げでミチロウさんに「ロリータ新曲のタイトルをつけて下さい!」と曲も聞かせずお願いした所「どつぼの華」と。
「なんか、ロリータ18号ってどつぼの華って感じだよ」と言われて妙に納得した事を思い出しました。
ちなみに「どつぼの華」はロリータの「髭忍者」というアルバムに入っています。

デモテープを渡したあの日から、もう26年も経ちました。

その間にミチロウさんと沢山たくさんライブを一緒にやりました。

周年イベント好きのロリータ18号は、かなりの頻度でミチロウさんにアニバーサリーをお祝いして頂いていました。
10周年カバーアルバム「ヤリタミン」では「コルホーズの玉ねぎ畑」をカバーしました。

そしてある時ミチロウさんは、渋谷 旧・アピアのライブにマサヨを弾き語りソロとして呼んで下さり、終演後出演料を頂きました。
あまりの嬉しさに「この大切なお金は一生使えない!」と大事にしまっていましたが、数年後・・・まんまと使ってしまう自分(笑)
せめても封筒だけはしっかり保管してありまして、久しぶりに開けたら中から紙が出てきた。
多分この日のアンコールで「仰げば尊し」をやってアタシは2番をうたったのでしょう。
ミチロウさんが書いてくれていました。
渋谷クアトロでは「天国の扉」を二人で弾き語りしました。
アタシは2番と4番をうたった。
「3番の歌詞はマーちゃん歌うのキツいよね(笑)」と。
気遣いの方でした。

そういえば、ミチロウさんと戸川純さんとロリータ18号で「デルタ・ラブ・コネクション」という企画イベントも3回行いました。

http://shinjukuloft.com/blog/top/archives/200503/08-1619.php

お会いする度に音楽や政治や哲学や歴史や猫などのお話も沢山しました。

昨年ミチロウさんに最後にお会いした際「来年ロリータ18号 結成30周年なのでイベントに出て下さいね!」とお願いもしていました。

どこまでもミチロウさんにお願いばかりのロリータ18号で・・・
結局、アタシは何もお返し出来ないまま遠藤ミチロウさんは旅立たれました。

いつかアタシが天国の扉を叩く時、遅れ馳せながらしっかり恩返しが出来る様に。
もうしばらくこちらでロリータ18号として積み重ねて行こうと思います。

今まで沢山たくさんお世話になりました。

遠藤ミチロウさん、
ありがとうございました。

ロリータ18号
石坂マサヨ

今回、色々と昔を振り返り見つけました
↓↓↓
https://blog.goo.ne.jp/nokatama/e/56be990b1a4a15016956dd5d6ee5dc01
勝手にリンクを貼ってすいませんが、とても面白かったので載せます。
書いて下さった方、ありがとうございます。

image

image